ガーリーコーデ好きなら、今年の秋は「ガーリーボヘ」スタイル!

ガーリーコーデ好きなら、今年の秋は「ガーリーボヘ」スタイルがいいですね

「ガーリーボヘ」は、ガーリーなアイテム好きっていうのが基本にあるので、素材や柄でボヘ感を出すのがポイントです。

甘さを控えめにして、トレンドカラーの茶色やベージュをベースにコーディネートすると、ニュアンスのあるガーリーボヘに変身します。


ガーリーの鉄板 花柄



ガーリー派にとって鉄板の花柄も、レトロ感が強調されるベージュやカーキなどの色を選ぶと、大人っぽくシックなガーリーボヘになります。

スカートに見えてガウチョな「スカーチョ」は、今年の新作アイテム。ベージュベースの花柄スカーチョに、フォレストグリーンのニットを合わせて、ヘアをまとめるのにベージュ系のスカーフ使いでボヘ感を盛ります。


スエード素材のライダース



花柄ワンピやガーリーなワンピースに、茶系のスエードライダースを合わせるのが、旬なコーデです。

毎年流行るライダースも、今季は黒レザーよりニュアンスのある茶系のスエードに注目です。
スエードライダースジャケットなら、ボヘ感が強くなりすぎず、羽織るだけでカンタンにネオボヘできちゃいます。

無地のカラーアイテムを組み合わせる、柄なしのニュアンスガーリーにも、ライダースを取り入れると、女の子っぽい雰囲気はそのままで、ボヘ感をまとえます。